大会の特徴

  • HOME »
  • 大会の特徴

大会の特徴

春日井市の紹介

  • 昭和18年6月1日 市制施行
  • 人口 31万149人(令和3年10月1日現在)
  • 面積 92.78㎢
  • 書のまち

    書のまち

    平安時代の三跡(さんせき)の一人、小野道風(おののとうふう)は古くから春日井で生まれたと言い伝えられています。春日井市は、「書のまち春日井」として、書道文化の振興に力を入れています。

  • サボテンのまち

    サボテンのまち

    春日井市は種から育てる実生栽培で全国一の生産量があります。観賞用だけではなく、食用サボテンの栄養価に注目した様々な商品・飲食店メニューが開発されており、「癒やしと健康」をテーマに、全国に発信できる地域ブランド化を目指しています。

  • 剣道のまち

    ネピアのまち

    毎年春に総合体育館で全国高等学校剣道選抜大会が行われます。この選抜大会は第1回から春日井市で開催されており、「剣道の甲子園」とも呼ばれています。春日井は、全国の高校剣士の憧れの地となっており、秋には、女子大生の全日本女子学生剣道優勝大会も行われます。

  • ネピアのまち

    ネピアのまち

    生活に欠かせない「ティシュペーパー」。その歴史は、春日井市から始まりました。誕生してから50年以上にわたり春日井市で生産されており、市では「ネピア」のブランド化と地域への社会貢献事業を推進しています。

大会パンフレット
大会パンフレット
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。お持ちでない方は専用ページよりダウンロードしてください。

春日井市

toto

PAGETOP
MENU